お花のプレゼント

彼女・女性へのプレゼントとして、お花はとてもオススメです!
年齢に関係なく、おをプレゼントしてもらうのは女性にとって嬉しい事です。

例えば母の日のはカーネーションをプレゼントするように
お花のプレゼント」は、女性へのプレゼントとして定番にもなっています。

女性が自分自身でお花を買うのもいいですが、
男性からプレゼントしてもらうお花は、女性にとっては特別ですから
定番ですが、やっぱり嬉しいです!

女性へのプレゼントで迷ったら、
まずお花は候補に入れてもらいたい、オススメのプレゼントです。

では、お花をプレゼントすると言っても
どんなお花が良いのか・・・・・?

簡単に、それなら花束で!という訳ではありません。

まず一つ覚えて頂きたいのが
『プリザーブドフラワー』というお花です。
これは最近とても人気の、簡単に言うと「枯れないお花」です。

造花やドライフラワーとは全く違って、生花を特殊加工したお花なので
生花の美しさを数年間も保ち続けてくれます。

お水をあげる必要は無く、
お手入れをせずに、美しい花が長続きするので人気になっています。

でも、生花を特殊加工するので、
お値段が生花よりも高くなってしまいます。

その特徴から、プリザーブドフラワーは生花のような花束は出来ませんが
その分アレンジメントとしては美しいです。

プレゼントされた女性にとっても、
キレイなお花がずっと枯れないで、しかもお手入れの必要がない
魅力的なお花なのがプリザーブドフラワーです。

では、次はどのお花をプレゼントするのかについて。

あなたが、彼女・女性にどうやってお花をプレゼントするのか
まず想定してみて下さい。

まず、直接会って渡すのか、それとも自宅への配達なのか・・・・?

直接会って渡すとしたら、移動手段は車ですか、電車ですか?
お花はいつ、どこで購入するのか?

自宅へ届ける場合は大丈夫だとしても、
もし直接プレゼントするとしたら、大きな花束だと電車の場合はちょっと大変かもしれません。

もちろん移動手段はあなただけでなく
プレゼントを受け取った彼女・女性の帰りの移動手段も考慮して下さいね。

ボリュームのある花束にするのか、
それともアレンジメントにするのかを考えたら・・・・・

次は、生花にしたいのか、プリザーブドフラワーにしたいのか、です。
もちろん、生花はアレンジメントも豊富です。
(アレンジメントで同じお値段の場合は、生花のアレンジメントの方が
プリザーブドフラワーのアレンジメントよりもボリュームがあります。)

これは、形として残る花(プリザーブドフラワー)か
枯れて残らない花(生花)なのですが、

あえて残らないタイプが良いのなら、もちろん生花にしましょう。
花束にしたい場合も生花になります。

・・・・・あなたがどんなお花をプレゼントしたいのか
だんだん見えてきましたか?

ここでもう一つ。
ただのアレンジメントではなく、
誕生石をモチーフにしたアレンジメント】なんていうのもあります。

誕生石をモチーフにしたアレンジメントは
誕生日プレゼントにはピッタリのアレンジメントですね。

では、プレゼント一覧から
彼女・女性に似合いそうなお花を探してみて下さいね!